少額のお金を借りる場合には、消費者金融がお得な場合も

貯金のコツは、一度積立したら目的がある以外引き出さないのがひとつのポイントでありますが、

給料日前は、消費者金融から少額(多くても1万円台)借りるのが、実はメリットが大きいことも。

お金を借りるシーンとしては、給料日の1週間前が実に多いですが、仕事が終わった後にお金を引き出すと、手数料が掛かかってしまいますので、どうしてもお金が必要な場合は、消費者金融から少額借り入れています。

お金を借り入れる方法は、クレジットカードのキャッシングがメジャーですが、借入する度にATM手数料が掛かり、借入単位も1万円なので便利なようですが意外とコストがかかるのです。

クレジットカードのキャッシングのデメリットを解消するのが、消費者金融ではないでしょうか。 今の消費者金融は、銀行と提携するなど営業形態も変わりサービスも良くなりました。無人契約機と併設している専用のATMで借入すれば、手数料がかからなく返済したい時にいつでも専用のATMなどで返済できますので、利息の節約にもなりますよ。

また、借入単位も1000円単位ですので、給料日間近なんかは特に重宝します。数千円単位のお金なら、わざわざ貯蓄口座から引き出すよりも、プロミスなどから必要な金額だけ借りれば手間も省けますので、消費者金融はいざと言う時に心強い味方です。

今までは、お金を借入する時は、クレジットカードのキャッシング利用していましたが、1000円単位から借入できるのを金融系のサイトで知ったので、キャッシングは消費者金融しか利用していません。

消費者金融のカードを1枚持っていると、お金がピンチになった時などいざという時に役に立ちますよ。

だれしも借金することを決意した時は、まさに「清水の舞台から飛び降りる」気持ちではないでしょうか。
私も借金をすることは絶対にしてはいけないと思っていました。
お金を借りるということは、自分の収入を見極められない人だと思っていたのです。

人からお金を借りるなんて言語道断。確実にトラブルになってしまう、と。
お金を貸すことはありましたが、「貸したお金はあげたつもりでいろ」という考えでいたので、本当にあげたつもりでいました。
実際そのままお金が返ってこないこともありました。

そんなネガティブな印象しかない「借金」でしたが、どうしてもお金が必要になってしまいました。
収入の3か月分。いつ溜まるかどうかもわからないお金でした。
途方に暮れ色々な副業も試してみたが、一向にお金は溜まりません。
ストレスのため、体調を崩してしまいました。

そんな時に友人から『カードローンに申し込んでみれば?』とアドバイスをもらいました。
確かにそうするしかないと思い、申し込みをしたらあっさりとお金を借りることができました。
こんなに借りられるのか、びっくりでした。
それからは一生懸命働き、今も返済中です。

金利というものがあり少し多くお金を払うことになりますが、借金を見据えながら生活することは悪くないです。
借金を含めた人生設計ができ、いろいろと選択肢が増えました。
まだまだ返済は続きますが、未来は明るく感じられます。

 

PR|内職 アルバイト|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|初値予想|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|童話|心の童話|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|英語上達の秘訣|お小遣いNET|